チームMttD関係者の日記
ミニバイクレース チームManxTTDreamの最大の目的イギリスマン島にてホンダが世界を制したCR110を彷彿させるドリーム50で走る事。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YZF R125 Racing Tuning
YZF R125 サブコン考察

パワーコマンダーとカメファク Eーブレイカー比較
どちらも、時間で噴射量を調整できるらしいけど、
乗ってみた感想は、MAP設定しだいで、いい感じにどちらもなるので、
ここでは、そのソフトのつかいかたやね。

YZF-R125 カスタム
パワコマは、エンジンが、かかったままで、RPM&スロポジ変化が見れながら、MAP変更できます。
さすが、5万円。ここのあたりが、よわいかなって思ったら、すぐ数値いれて、送信。ぶ~んぶーん
ほんで、自動でMAPバックアップしてくれます。
ただし、数字が、エクセル(表計算)みたいに羅列してるだけなので、慣れないといけないね。

YZF-R125 カスタム
Eーブレイカーは、さすが、1万円。エンジン切って、キーON状態で、いちど保存してから、送信。
意外とめんどくさい。何度もMAP変更してるとセルスターターからのバッテリーが、心配。
でも、いいところも。3Dで、表示してくれるので、パワコマよりどの回転どのスロポジで、濃い薄いがよくわかるね。

ここからは、文章が、長いので、下の「の続きを読む」へ
ただし、パワコマは、リミッター解除は、ないです。(意外とこれ重要)
Eーブレイカーは、配線するだけで、解除してくれます。
もしかすると、パワコマとEーブレイカーのWヅケするとどうなるやろぉ(^_-)-☆
Eーブレイカーの加速ポンプ機能は、まだ使ってないですな。
シグXとかは、O2センサーが、純正で付いてるから、パワコマのオートチューンが、
すぐ使えるからいいやろなぁ。
ただいま、エキパイにO2センサーを取り付け加工にだしてるので、オートチューンも
試さななぁ。パワコマのオートチューンは、よくあるO2センサーのナローバンド(低い温度では、数値が正確でない)ではなく、ワイドバンドなので、0.0~2.0Vまで正確に出してくれます。
てことは、ある程度、マフラーの相性のいいMAPさえ組んでいたら、自動で、設定してくれるわけやぁ~ん。
そらに、O2センサーからA/F値を表示するディスプレイをメーターにつけると走りながらMAP考察できるわけやぁん。
にゃはははぁ(-。-)y-゜゜゜
まだまだ、実験の余地ありです。

あっ「i-CON II」を忘れてた。
いや、忘れるほど、しょーもなかったなぁ。
ノートパソコン持ってない人ならいいかもねぇ。画面付きだから、その機械だけで、セッティングできるから。
ただし、純正からのマフラー変えまでなら対応できますでしょ。とくに触媒付きのマフラーとかなら。
うちのYZF R125みたいにレーシングマフラーとか、スロットルボディーからすぐファンネル付けみたいな、
レーシング吸排気にしてるとか、スロットルボディーを大きなものへ変更するとか、ボアUPしてるとかには、びみょうですな。
変更できる単位が、低いのよ。

いちよう、この記事についての商品リンク


BLR ブルーライトニングレーシング/i-CON II インジェクションコントローラー

BLR ブルーライトニングレーシング/i-CON II インジェクションコントローラー YZF-R125


Dynojet ダイノジェット /パワーコマンダー5

Dynojet ダイノジェット /パワーコマンダー5 YZF-R125


カメレオンファクトリー /E-ブレイカー

カメレオンファクトリー /E-ブレイカー シグナスX

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 チームMttD関係者の日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。